梅シロップのつづき   

2008年 06月 26日

底の方に果汁がたまってきた。 毎日の観察が楽しみ。
c0153477_17511923.jpg

[PR]

# by umenoyamaichi | 2008-06-26 17:57

2008年梅しろっぷ   

2008年 06月 25日

6月21日畑で収穫した青梅を洗ってシロップづくり。梅雨開けの頃飲み頃かな。c0153477_14363487.jpg楽しみ。
[PR]

# by umenoyamaichi | 2008-06-25 14:53

つづき   

2008年 01月 12日

ぼけつつじが所々に。 やはり紀南はあったかいんだ。c0153477_1734894.jpg
 






これが猪のぬた場。 森の中でここだけ水たまり。 猪はここで水浴びをして泥だらけになり 体をそばの木にこすって体についている虫をとるそうだ。 生きる力ってすごいぞー。c0153477_178158.jpg
c0153477_17171316.jpg


昨夜猪が掘った新しい穴。 かなり遊んだらしい。
c0153477_1720512.jpg

[PR]

# by umenoyamaichi | 2008-01-12 17:08

熊野古道 大辺地を歩く   

2008年 01月 12日

念願の仏坂と富田坂を語り部研修を受けながら歩いた。 ほとんどが杉・桧の林であり これも紀州木のくにと呼ばれてきた証しだ。 手入れされた木々とほったらかしにされている木々の違いがよくわかる。 道々の植物を観察しながらゆっくりと歩いた。 途中立ち止まって 目を閉じ 耳に届く音を確かめた。 人口の音と自然の音を聞き分けた。 人工の音は 遠くで聞こえる 大型船の低い音のみ。 あとは 蛙の鳴き声 小鳥のさえずり 小川のせせらぎ。 
熊野三山を目指して人々が歩んだ道は 現在の私達が歩いても神聖な気持ちにしてくれる。 この静けさは 自分を見つめなおす機会でもある。

仏坂の出発地点。 今から登るゾー。
c0153477_16501234.jpg

c0153477_16555814.jpg
万両がひときわあざやか。 千両か万両か。。。 万両は実が下についているというが 熊野古道の万両は中間で 5000両か。。。
[PR]

# by umenoyamaichi | 2008-01-12 16:57

新年のごあいさつ   

2008年 01月 05日

2008年の幕開けですね。
新年おめでとうございます。
今年もほんものにこだわりおいしい梅干作りに励みます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

道の駅 志原海岸の午後 「c0153477_16271755.jpg光る海」
[PR]

# by umenoyamaichi | 2008-01-05 16:29